Nitalyニタリー イタリアン

TOP > BLOG

燻製しました。

    こんにちは。
    むしむしと雨で少しうっとうしい日が続いておりますね。
     こんな時はビールを爽快にいきたいですね。
     そんなビールに合うおつまみです。
     
     先日、さんまのスモークにつづき第二弾です。
    チキンのスモークをUPさせていただきたいと思います。
    
IMGP3493.jpg

       鶏は、胸肉を使います。
     まずは、皮をはがしまして、少し脂身がついていればそれも取ります。
     縦に半分にカットしまして、フォークでトントンと串刺しにします。
     こうすることにより味がしみこみやすく、柔らかく仕上がります。

IMGP3498.jpg
     
      鶏にまんべんなく塩をして下味をつけて
     ペーパーでくるみ30分ほど置き、鶏の臭みをとります。    

IMGP3504.jpg
    
      水に溶いた片栗粉を鶏と共に入れ、
     空気を抜いて口を閉じて、1日寝かします。     
      こうすることにより、しっとりと柔らかくしてくれます。   
    
IMGP3508.jpg

      1日経ったら、そのまま引き揚げまして、燻製にしていきます。
      ナラのスモークチップで燻製しております。
      片面、約7分ずつ程度です。
     
IMGP3515.jpg
 
      竹串で刺して、中まで火が通っているのか確認してください。
      1日置くと燻製がなじみ食べごろです。
     
      

紅茶が香ります~♪

     
      最近は、過ごしやすく秋を感じる季節になってきましたね。
      今回は、紅茶のシフォンケーキをUPさせていただきます。
     また、長くなりますがお付き合いください。

IMGP3310.jpg

  紅茶のシフォンケーキ (17~18cmシフォン型)

     〇卵(L)         4個  (黄身と白身に分けます)
     〇薄力粉        66g  (二度ふるっておきます)
     〇グラニュー糖     66g
     〇サラダ油       20g
     〇紅茶          15g   (渋みが出るぐらい濃い味で)
     〇紅茶葉         2g
  
IMGP3311.jpg
     
     まず、卵黄を切るように泡出てます。
     途中、サラダ油とグラニュー糖1/4を入れ
     ボタボタと卵が落ちる程度まで来たら
     冷ました紅茶を入れ、さらに泡立てます。
     糸を引く感じで泡立たら、いったん置きます。

IMGP3316.jpg

     続きまして、卵白を泡立てていきます。
     軽く泡立ってきましたら
     残りのグラニュー糖を3回に分けて入れ
     写真のように、角が立つまでしっかりと泡立てます。

IMGP3319.jpg

     先ほどの泡立てた卵黄に、薄力粉と卵白1/3を入れ
     ゴムベラでムラなく混ぜます。
          
IMGP3321.jpg

      残りの、泡立てた卵白も2回に分けて入れ
      茶葉も入れます。
      ゴムベラで、2回ともムラなく混ぜてください。
      
      ただ、この時しっかりムラなく混ぜてほしいのですが
    混ぜすぎますと、生地が膨らまないので注意が必要です。


IMGP3323.jpg

      シフォン型に流し込みます。
      まんべんに流し込んだら、
      軽く持ち上げて、2・3回トントン落としながら
      空気を抜いきます。
     
IMGP3333.jpg

      オーブンの温度は180度10分で焼き、160度で5~10分を目安にしてください。

IMGP3341.jpg

      生地が膨らんで、少し割れたら
      竹串をさして、生地がついてこなければ
      焼き上がりです。
      生地がついてくるようなら、
      焦げないように余熱で焼いてください。

IMGP3345.jpg

      生地がしぼまないように、さかさまにして冷まします。
    
IMGP3358.jpg

      冷めたら、ペティーナイフか竹串などで
      型枠に添わすように、周り・真ん中・底と
      切り離していき完成です。

      あとは、10等分ぐらいに切っていき
      ホイップ、や季節の果物、ジャムなどを添えて
      食べてみてください。

本日のドルチェ盛り合わせです!!


IMGP3467.jpg

    こんにちは。
    今日はドルチェ盛り合わせをUPさせていただきました。

IMGP3477.jpg

   まずは、紅茶のシフォンケーキです。
   2種類の茶葉を練りこみ、ふわっと焼き上げました。
   
IMGP3462.jpg

   続きまして、桃のパンナコッタです。
   やさしい、桃のやさしい甘みが口の中に広がります。
         
IMGP3464.jpg
   
   最後に、シャインマスカットと巨峰のソルベです。
   シャインマスカットは、皮ごと食べられる
   上品な味わいのマスカットです。   

    ランチ・ディナーどちらでも食べられますよ。
    日によって内容が変わりますので、ご了承ください。

ジャガイモがモチモチっと、へんしん!!

こんにちは。
今回は少し長くなりますが、お付き合いお願いいたしますm(__ __)m

じゃがいもが多く手に入ったときや、
たくさん残っている時など作ってみてください。

ジャガイモのニョッキ
        ジャガイモ150g  (水分が多いジャガイモはあまり向かず、
                            男爵などのほくほくした芋を使います)
        上新粉(米粉)75g
      塩    1g
      チキンブイヨン 20g 
(チキンコンソメを水にとかしたもの)
        水    15g程度

IMGP3303.jpg

     ジャガイモは皮ごと、煮崩れしないように
     弱火でゆっくり湯がきます。
    

IMGP3367_20160914123918d05.jpg
     
     皮をむき、裏ごししていきます。

IMGP3409.jpg

     レシピの分量で合わせていき、ひとまとまりにします。
     ジャガイモの水分量によって、水の量を調節してくださいね。

IMGP3420.jpg

     一口大に切り分けていき、丸く形成していきます。
     
IMGP3425.jpg

     火が通りやすいように、フォークにそわしながら
     くるっと丸める要領で形成していきます。

IMGP3428.jpg

     沸騰したお湯で湯がき、浮き上がってきたら引き揚げます。
     
IMGP3434.jpg

     軽く、オリーブオイルを絡ませて、ひっつかないようにします。
     冷めたら、そのまま冷凍保存しておけば
     出したいときにすぐ使えます。
   
IMGP3445.jpg

    あとは、トマトソースやミートソースなどと絡めてたり、
    スープの具材などにしてお召し上がりください。
    写真は、近江牛ときのこのミートソースです。

お料理のアクセントにどうぞ・・

イタリアンでは定番のバルサミコ酢
サラダやカルパッチョのアクセントでよく使われてますね。

バルサミコを煮詰めることにより、
酸味がまろやかになり、甘みが増します。
あと、とろっと濃度がつくので、ソースとして使いやすいのですが
なんと・・・・・ニタリーでは、隠し味に薄口しょうゆを入れています。




IMGP3398.jpg

しょうゆの塩味とうまみが少し加わることにより、
すごくバランスが良くなり、素材の味を引き立てます。
何より日本人の口になじみやすいのです。

IMGP3400.jpg

割合は、バルサミコ⑤に対してしょうゆ①で煮詰めてください。
焦げやすいので、見守りながらお願いします。
冷めると固まるので、思うよりゆるめで火を止めてくださいね。

IMGP3404.jpg

スプーンで持ち上げたら、糸を引く感じが使いやすいと思います。
硬すぎたら、少しお湯で伸ばしてみてください、
緩すぎたら、冷蔵庫で保管して使ってください、
ちょうどよければ、常温保存で大丈夫です。

これで、普段のサラダがワンランクUPしますよ、
一度お試しください。

旬野菜がおつまみに?

今回は、ニタリーいち押しであり、一番人気の
季節野菜のバーニャカウダー
をUPしたいと思います。

IMGP3272.jpg

まず、ニンニクの芯をとり、
牛乳と水(約1対1)で柔らかくなるまで煮込みます。
これで、ニンニクの臭みが消えますよ。

IMGP3280.jpg

柔らかくなったら、水分をよく切り
裏ごししてペースト状にします。

IMGP3371.jpg

市販で売られているアンチョビペースト5センチ程度を
少量のオリーブオイルで炒めてます。

IMGP3376.jpg

ニンニクのペースト20gと
生クリーム30~40cc程度入れて
塩で味を調節してください。

IMGP3390.jpg

チーズフォンデュの器に入れ、
ヴァージンオリーブオイルを軽く回し入れて
野菜をつけて召し上がれ(^O^)/

野菜は、そのままや茹でたり、焼いたりと
シンプルな調理法がベストです。

ニタリー来られたら、ぜひ食べていただきたい一品です。
ランチは、予約してくださいね。

秋といえば・・・・

9月に入り、少し暑さも和らぎ
秋の空気が感じられるようになってきましたね。

IMGP3267.jpg

早くもさんまが出回ってきましたので、
今回は燻製にしてお出ししていこうかと思います。

IMGP3275.jpg

まず、頭と内臓や血などを取り除き、
水で軽く洗い流します。
全体にまんべんなく塩をして、ペーパーにくるみ
半日から1日冷蔵庫に寝かせます。
こうすることにより、臭みが消え、うまみが増します。

IMGP3294.jpg

店では、直火とフライパンでスモークチップをいぶして
ボールをかぶせ、弱火で10~12分火にかけ
ゆっくり火を通していきます。
グリルなどでもできるとは思いますが
煙でえらいことになると思いますので
スモーク器を使い、野外でお楽しみください。

 IMGP3297.jpg

いい色合いで仕上がりました(*^-^*)

そのほか、チーズやらサーモンなど
燻製していこうと、思っていますので
また出来次第UPしていきますね。

手軽にシュワっと!!

IMGP3264.jpg
新しいスパークリング入荷です。

イタリア
      マルティーニ ブリュット

程よい酸味力強い味わいが特徴です。
ハーフボトルなので、気軽に飲んでみてください(^O^)/

香りと甘みと香ばしさの絶妙バランス!!!

IMGP3254.jpg

NEWフォカッチャ焼きあがりました。

3種ハーブとローストオニオンのフォカッチャ  です。

3種類のハーブはタイムとローズマリー
そしてオレンジピール(オレンジの皮を乾燥したもの)です。

玉ねぎは、オーブンでじっくり弱火で焼きまして、
玉ねぎの甘みをギュッと凝縮しました。

ハーブの風味とサッパリ感に、ローストオニオンの香ばしさと甘みが
絶妙にマッチングしてますよ。
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ