Nitalyニタリー イタリアン

TOP > BLOG

来年もよろしくお願いいします。

IMGP3744.jpg

   本年も大変お世話になりました。
  皆様にかわいがっていただき、
  4周年を迎えられることができそうです。
  
   来年も、ますます居心地のいい空間と、
  おいしいお料理を提供していけたらと、
  思っておりますので、よろしくお願いいたします。

   ちなみに、写真は新しく看板が出来上がりましたので
  お披露目しておきます。

これはなんでしょう?

  
     これは何だと思いますか?





IMGP3657.jpg

    いっけん、ヒョウタンのようにも見えますが、
  バターナッツかぼちゃと言う、かぼちゃなんです。
   ナッツの風味とねっとりとしたコクが特徴でと
  まさしくスープにうってつけのカボチャなんです。
   なので早速、ポタージュスープにしました。


  〇バターナッツかぼちゃのポタージュ
     ・バターナッツかぼちゃ       170g
    ・玉ねぎスライス            40g
    ・牛乳                  300g
    ・レモンスライス             2枚
    ・塩                    適量
    ・ハチミツ                適量
IMGP3710.jpg
   
   まずは、オリーブオイルでスライスした玉ねぎと一緒に炒めます。
  この時、適度の塩を振ってくださいね。
    
IMGP3719.jpg

   火が入り、ボロボロになりましたら、牛乳を入れます。
  この時、レモンスライスも一緒に入れ5分ほど煮ます。
   
IMGP3729.jpg

   レモンを取り出し、ミキサーで回します。
  この時、味見をしながら塩を加えます。
   あとは、裏ごしをして完成です。

IMGP3652.jpg

   かぼちゃによっては甘さが足りない場合がありますので
  ハチミツなどを入れて補ってください。
   トッピングには、生クリーム・パセリ・アーモンドスライスをあしらってみました   
   ポイントとしては、レモンを加えることにより
  甘さの後にサッパリとするので、甘ったるくならないと思いますよ!!

  
  引き続き、求人を募集しております。
  興味のある方は、電話してください。
  

NEW ワインです!!

IMGP3696.jpg

  何かと慌ただしい12月、
 皆さん大掃除などはすんでいますか?
 少し息抜きで、ワイン片手にお食事いかがでしょうか?

  今回、ご紹介するのは
    スペイン産 ARIGAZO ーアルティガソー

      ブルーベリーや黒コショウなどの香りで
      口に含むと豊かな果実味の後にダークチョコレートの
      ようなビターでまろやかな風味が口いっぱいに
      広がります。

 寒い季節、ワインと共に温まってください。

今日のまかないです。

IMGP3692.jpg

   今日は、空気が冷たいですが
  お天気も良く中にいると気持ちよく感じますね(*^-^*)

   今日のまかないは、
    ローストビーフといろいろ根菜のチーズクリームソース  です。
  
   先日のコースのメインでお出ししたローストビーフが残っており
  ジャガイモ・さつまいも・里芋・かぼちゃをペンネと一緒に
  チーズクリームソースに絡めていただきました。
   ポイントは、最後にゴボウチップを散らして、
  食感が楽しい一皿になっています。 

  
  引き続き、働いていただける方を募集しております。
  経験・未経験を問わず、一生懸命・楽しく・長期で働いていただける方に限ります。
  またご連絡お待ちしております。
  
   
 
 

ハーブ香ります♪


  早いもので、とうとう12月を迎えましたね。
 ここから、ばたばたと大掃除やらイベントごとが続き
 アッという間に1年が終わる方が多いのではないでしょうか?
  
  そんな、クリスマスなどパーティーのお料理に役立てていただこうかと
 ハーブオイルをUPさせていただきました。
  
IMGP3667.jpg

  オリーブオイルにつぶしたニンニクを1片入れて火にかけて
 香りを移します。
  ニンニクがきつね色に色づきましたら取り出します。

IMGP3670.jpg

  お好みのハーブをさっと洗い、水気を取ります。
 店では、2種類のタイムとローズマリーなどを使っています。
  種類が多いほど味に深みが出ますので、
 お好きなハーブで試してみてくださいね。

IMGP3674.jpg

  オイルの温度を少し下げまして、
 素揚げするように、香りを移していきます。
  水分が飛び、泡が立たなくなってきたら取りだしてください。
    
IMGP3683.jpg

  あとは冷ませて完成です。
 いつものお肉やお魚などにかけて
 焼いてゆけばアッという間にイタリアンに大変身!!
 長期保存もできますので、
 多めに作り置きしてみてはいかがですか?
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ